眠いというのは禁煙の時の禁断症状の一つ

禁煙の禁断症状について、およそその症状は1年

禁煙の禁断症状について、およそその症状は1年 タールやニコチンなどの有害物質が含まれているタバコは、健康に悪いと多くの人が知っています。
それなのに、なかなか禁煙できないのは、ニコチンによる薬物依存が原因です。
ニコチンが体からなくなると、イライラや集中力の欠如、眠気、倦怠感などの症状が起こります。これらの症状は、離脱症状と呼ばれています。
禁断症状が出なくなるまでの期間は、人によって違います。禁煙を始めてから1か月は、禁断症状も減って、だいぶ楽になります。
しかし、誘惑も多い時期です。
ちょっとした気のゆるみが挫折につながってしまうので、気を抜かないように過ごす必要があります。半年くらいたつと、肺の細胞が修復され、徐々にきれいになります。
息切れや倦怠感も減り、活力が戻ってきます。1年くらいたてば、禁煙が成功したといえます。
タバコを止めてから5年で、肺がんの死亡率が半減し、10年で肺がんの死亡率が非喫煙者と同じになると考えられています。
最近は、無理なくタバコを止めるために、禁煙パイプや補助剤を使っている人も少なくありません。
パイプも補助剤も、ニコチンを少しずつ減らすように工夫されています。
そのため、ストレスなくタバコを止めることが可能となっています。

眠いというのは禁煙の時の禁断症状の一つ

眠いというのは禁煙の時の禁断症状の一つ タバコの煙には、多くの有害物質が含まれています。
特に有名なのが、ニコチン、タール、一酸化炭素です。
タールに含まれている化学物質の中には、発がん性が確認されているものがあります。ニコチンは、タバコに依存してしまう原因となる物質です。
タバコを吸うと、すぐにニコチンが脳に達して快楽を感じます。しかし、ニコチンが消えると、様々な禁断症状が出てくるのです。
イライラや頭痛、倦怠感など、禁断症状は人によって様々です。眠気も、禁煙による禁断症状のひとつです。
ニコチンには、脳を覚醒させる作用があります。
禁煙することで、ニコチンによる脳を覚醒させる作用がなくなるので、強い眠気が襲ってくるのです。
眠い症状が仕事中に出ると、仕事にも支障が出ることがあります。眠気を抑えるためには、十分に睡眠を取ることが大事です。
それでも眠い場合は、水を飲んだり運動をしたりして生活リズムが崩れないように気を付ける必要があります。どうしても眠い場合は、食後に15分程度の仮眠を取ることで乗り切れるケースもあります。
無理なく禁煙するためには、精神状態を良い状態に保つことが大切です。
焦らずに、少しずつ禁煙生活に慣れることで、次第に禁断症状も和らいできます。

禁煙に関するおすすめリンク

タバコに関する色々な情報が掲載されている情報サイトです。

禁煙について知る