禁断症状の克服

禁煙の禁断症状には過食や体重増加につながるものも

禁煙の禁断症状には過食や体重増加につながるものも 喫煙は肺がんなどの重大な病気になる可能性がある他、受動喫煙によって家族の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。
そんなタバコの害から逃れるために、禁煙を志す人は増えていますが、喫煙を続けニコチン中毒になっているような場合、禁断症状としていろいろなものが出ることがあります。
その中にはうつ状態などの他、体重増加も含まれており、禁煙によって太る人は多いと言われています。
その原因としては、ニコチンによる食欲減退作用がなくなったり、味覚や胃腸の調子が回復するので、食事を多く摂って過食になってしまったり、タバコを吸う代わりについ間食をしてしまうことなどが考えられます。
ただ、この場合の体重増加は健康に悪いものではなく、健康が回復されたことで起こるものであり、体重が増えた場合でも、健康的に痩せるための適度な運動や効果的なサプリなども利用できるので、喫煙を再開せずに健康的な痩せ方を目指してみることをお勧めします。

喫煙の最大の障壁、禁煙中の禁断症状とその対処法

喫煙の最大の障壁、禁煙中の禁断症状とその対処法 禁煙をしようと心に決めて煙草をやめようとすると、離脱症状が徐々に現れてきます。
また吸いたくなるというのはもちろんですが、頭痛がしたりめまい、吐き気、集中力の低下などの症状が出てきます。
煙草をやめるためなのになぜこのようなつらい症状が出るのかと悩むこともあるかもしれませんが、やめてから大体3日目ぐらいがピークとなりますので、その障壁を越えられれば禁煙もスムーズに進められるようになってくるのです。
治療として煙草を手放すと決めた以上は、これらの症状にも立ち向かっていかなくてはいけません。
ニコチンガムなど病院での処方があればそれも併用しつつ、水を飲んだり無理をせずに仮眠を取るなどしていきましょう。
吸いたいと思ってしまったときには、その状況をメモやノートに取り、冷静に自分自身を観察する事も有効な手段となります。
一本ぐらいなら良いだろうと思ってしまうと結局ずるずると吸い続けるだけになるので気をつけて過ごしましょう。