禁断症状の克服

禁断症状に打ち勝ってタバコを禁煙する方法

禁断症状に打ち勝ってタバコを禁煙する方法 タバコは、精神的依存が大きいため、健康のためにやめたくてもなかなかやめられないという人が多いです。
そのため、本気でやめたいのなら、色々と工夫をする必要があります。
例えば、タバコと別のものを置き換えるという方法があります。
禁煙で辛いのは、吸いたいという欲求が高まる禁断症状の存在です。
それに打ち勝つためには、気を紛らわすと言う手法が、手軽にできてそれなりに効果を発揮する手法です。
例えば、吸いたくなった時に甘いものを食べたり、ガムを噛んだりするというのがよく行われています。
禁煙を目指すときには取り入れると成功しやすくなるでしょう。
ただし、どうしても難しいという人もいます。
それまで当然のように吸っていたため、それがなくなるだけで辛くなるからです。
そういった人は、禁煙外来に行くことをおすすめします。
ニコチンを抜くためにくすりを用いるなどして、確実にやめるような治療を受けることが出来ます。
もちろん保険適用です。

タバコ禁煙による禁断症状を楽にしてくれる方法は置換療法です

タバコ禁煙による禁断症状を楽にしてくれる方法は置換療法です 健康などのために禁煙を思い立っても、今まで毎日の習慣としていた行動を急にやめるのは、大変に難しいものです。
また、禁煙は、喫煙によって常に体の中に補充されていたニコチンなどの物質を断つために、禁断症状があらわれて誰でも苦しみます。
そこで、その禁断症状を乗り切るためには、心を強く持つだけではなく、置換療法をおこなってみると良いでしょう。
置換療法とは、禁煙によって急激に体内から減っていくニコチンなどをパッチやガム、タブレットや飴などである程度補充しながら、タバコを吸う行為をやめていく方法です。
そして、禁煙による口寂しさや手持無沙汰を歯磨きに変更したり、お茶などを飲む行為に変更したりして、気持ちをそらし、タバコに集中させないようにするというわけです。
置換療法をおこなう期間の目安としては、一番禁断症状がつらい時期が3日目であることを考えると、まずは1週間を目標に掲げて、少しずつ摂取するニコチンの量を加減していくと良いのではないでしょうか。