禁断症状の克服

喫煙の最大の障壁、禁断症状と禁煙・対処法

喫煙の最大の障壁、禁断症状と禁煙・対処法 近年では健康や家計の節約の為に禁煙を志す人が増えていますが、その一方で長続きせず、失敗してしまうという人も少なくありません。
食事の後や酒席、朝起きた後など、長年続けてきた喫煙習慣を急に止めるのが難しいという一面がありますが、それ以上に禁煙成功の為の大きな障壁となるのが、ニコチンの禁断症状です。
ニコチンは依存性のある物質なので、体内から抜ける際にイライラや頭痛などの禁断症状を引き起こします。
この症状に耐えられずにタバコを吸ってしまうという人が多いですが、禁断症状というのは永遠ではなく一時的なものなので、正しい方法を知っておくことで対処することが可能です。
まずはイライラ感などを抑える為に、軽い運動や散歩などに取り組んでみることがおすすめですが、それでも禁断症状が抑えられない場合には、ニコチン置換療法に取り組むことがおすすめです。
無理に禁断症状を我慢すると禁煙が失敗に終わってしまうケースが多いので、ニコチンガムなどで無理なく禁断症状の障壁をクリアしましょう。

禁煙による禁断症状と対処法

禁煙による禁断症状と対処法 タバコは百害あって一利なしといわれるし好品であり、タバコを吸っていることで周囲の吸わない人の健康にまで害を与えるものです。
ところが、健康のために禁煙したいと思っても、タバコに含まれている物質に習慣性があるので、吸わずにいると禁断症状があらわれて、またタバコに手を出して、禁煙の挫折となることも多いようです。
禁断症状としては、イライラする、ぼんやりする、眠くてだるい、過食になるなど、人によってさまざまです。
特に、禁煙を始めてから2~3日後くらいが一番禁断症状の出方が激しいともいわれているので、そこを乗り越えるのは容易ではありません。
しかし、逆にいえば、そこさえ乗り越えてしまえば、今度こそタバコが止められるかもしれないのですから、踏ん張りどころなのかもしれません。
禁断症状の対処法は、症状によって変わりますからひとつではありませんが、ニコチンパッチなどを利用しながら、出来るだけリラックスすることが大切でしょう。